日本伝統色を使った『胡粉ネイル』

以前主人がお土産に買ってきてくれた「胡粉ネイル」。
博多人形の彩色にも使われる日本伝統の絵具から作られたネイルです。
京都の老舗の絵具屋さんから出されたもので、日本独特の伝統色、和の色が魅力です。


胡粉とは、日本画の重要な白い絵具であり、ホタテ貝殻の微粉末から作られる顔料です。
「胡粉ネイル」は、有機溶剤を一切使用していないため、爪に優しく、マニキュア特有の刺激臭がなく、速乾性と通気性があり、アルコールで落とせるという水溶性ネイルです。
またホタテの貝殻に含まれる真珠層が爪に美しいツヤを与える効果が期待できます。(上羽絵惣株式会社より引用)



プレゼントしてくれた色は『紫苑』という大人な色。
秋に咲く薄紫のキク科の花の名前です。
日本伝統色のネーミングもとても素敵ですよね。

普段はもちろんですが、浴衣などにあわせるといいかな~。




フォローお願いします!follow me!