作品紹介【水鏡の井筒】

能「水鏡の井筒」

在原業平の形見の衣と冠を身につけた紀有常の娘の霊が、静かに舞い、井筒の水面に映る自分の姿をじっと見つめ、業平を想い偲んでいる場面を表現しています。

霊というと少し怖いかもしれませんが、純愛のお話なんですよ〜💕

能装束がとても美しいのですが、写真では伝わりにくいなぁ。。

フォローお願いします!follow me!