博多人形伝統工芸士
西山陽一

Master of Traditional Crafts
Yoichi Nishiyama

彫刻の技術を生かした写実的な原型づくりと日本画の水干絵具(膠と胡粉など)の日本色を使った彩色や、昔ながらの伝統技法を用いた細かい表現を得意とする。自分の納得いくものを作って世の中に出していきたい。

Excels at sculpturally realistic modeling,Japanese coloring achieved through the glue and white pigment used in Japanese-style suikan paintings,and detailed expression using long-standing traditional techniques.I want to create works that I feel satisfied with and continue to present them to the public.

幼い頃から物づくりが好きで、既に小学生の時には職人になろうと決めていた。高校は美術工芸コースに、大学も九州産業大学の芸術学部に進学。芸術学部では一年生の時に油絵やデザイン、陶芸など、ひと通りの芸術を学ぶ。
彫刻の先生から習った時に「自分はこれだ!」と直感で感じた。どの職人の道に進むか迷っていたが、彫刻との出合いで道が開けた。

その後、博多人形の制作体験講座を受講し、博多の伝統工芸の奥深い技の世界に魅了される。博多人形師・國崎信正氏の門を叩き、弟子は取ってないと断られるが、それでも諦めず半年間通った末、2003年に24才で師事入門。入門した年に若手博多人形師の登竜門「与一賞特選」、2006年には「与一賞(最高賞)」(受賞作・船弁慶)、2010年には「福岡県商工会議所連合会長賞」(受賞作・羽衣)、他多数受賞。

経歴(Person’s career)

1979年 福岡県みやま市に生まれる

2003年 博多人形師國崎信正氏に師事

2007年 博多人形師として独立

     博多人形作家協会入会

    博多人形青年部入会(~2019)

2011年 博多人形商工業協同組合入会

2011年~ 博多どんたく港まつり 博多松囃子(2020年~国の重要無形民俗 文化財)の傘鉾制作

2014年 浜崎あゆみキャラクター「ayupan」300体限定制作

2015年 最年少で博多人形伝統工芸士認定

    Awarded title of Traditional Craftsperson

2017年 博多人形青年部会長

2017年~ ユネスコ無形文化遺産 博多祇園山笠大黒流人形師

賞歴 (The Record of Awards)

2003年 与一賞展 特別賞 「猟師」一品作

2007年 与一賞展 与一賞(最高賞) 能「船弁慶」一品作

2010年 福岡県伝統的工芸品展 福岡県商工会議所連合会長賞 能「羽衣」一品作

2015年 新作博多人形展(一財)伝統工芸品産業振興協会長賞 能「水鏡の井筒」一品作

2015年 福岡県伝統的工芸品展NHK福岡放送局長賞 能「井筒」

2016年 新作博多人形展 福岡市経済観光文化局長賞 「想う」

2018年 伝統的工芸品産業功労者等経済産業大臣表彰 奨励賞

2018年 伝統的工芸品産業振興協会長賞「大黒に二股大根」


フォローお願いします!follow me!