羽衣

羽衣

「羽衣」一品作
福岡県伝統工芸品展 福岡県商工会議所連合会長賞 受賞作品
 Fukuoka Prefecture Traditional Crafts Exhibition,Association of Fukuoka Chamber of Commerce and Industry Chairman’s Award 

本体:素焼きに胡粉・水干絵具と膠で彩色。本金箔使用
金額:¥1000000(税抜)

ところは駿河の国三保の松原。時は春の朝。
漁師の白龍は松にかかった美しい衣を一領見つけ、家に持ち帰ろうとします。
そこに天人が現れ、その衣は天人の羽衣でこれがなくては天に戻れないと嘆きます。
そこで白龍は衣を返す代わりに舞を望みます。
衣を身につけた天人は、天上の妙なる様を舞ごとで表現し、天上界に負けない地上の春の素晴らしい景色を祝福し、数々の宝を授け、天空へと消えていきます。

日本を代表する伝統芸能である能の演目「羽衣」で、天女が舞を舞って宝を降らすところを形にしました。
Noh drama is a traditional art form representing Japan.Here,a celestial maiden performs a dance from the Noh drama “Hagoromo” and is raining down jewels.

フォローお願いします!follow me!