博多人形の歴史と制作工程をご紹介します。

博多人形の歴史

博多人形の歴史は古く、1600年黒田長政の筑前入国に伴って多くの職人が集められ、その職人たちから素焼き人形が生まれ、現在の伝統工芸の礎が作られたといわれています。

江戸時代の後半に名工たちが活躍して業界は活況を呈し、全国に流通するようになりました。

明治になりパリなど国際的な博覧会で高い評価を受け、日本を代表する美術工芸として「博多人形」の名で知られるようになり海外へも輸出するようになり、昭和51年国の伝統的工芸品に指定されました。

In 1600、when Lord Nagamasa Kuroda moved to the country of Chikuzen(Hakata and the surrounding areas),many craftsmen accompained him.They created unglazed dolls and provided the foundations for a traditional art.In the latter half of the Edo period skilled artisans became well-known figures whose fame spread across the country.

In the Meiji period the dolls gained renown when they were exhibited at the Paris Expo and other international expositions.Hakata Dolls became well known as the representative dolls of Japan,and began to be exported overseas.

博多人形ができるまで

博多人形が出来上がるまでには、伝統技法によるいくつもの工程を必要とします。

The artisan pours his heart and soul into a number of traditional techniques required to create a Hakata Doll.

①原型 The prototype 

博多人形制作「聖一国師」
博多人形制作「聖一国師」

作者が構想を練り、デッサンしたものに基づいて粘土で原型を作ります。

According to the artisan’s design,the doll’s head,torso,limbs,and other parts are sculptured out of clay.

②型取り The Mold(for reproduction)

聖一国師型取り
聖一国師型取り

原型に石膏で型をとります。人形の姿が複雑な作品ほど数多くに分けて型とりを行います。

A plaster cast is made from the prototype.The more complicated the figure of the doll is, the more the mold is segmented into sections.

③生地作り From Plaster to Clay Mold(for reproduction)

原型からとった石膏型に、粘土で強く押しつめ原型と同じ人形をつくります。

Clay is firmly pushed with fingers into the plaster mold,to create the same shape as the prototype.

④焼成 Firing

聖一国師焼成
聖一国師焼成

十分乾燥させた生地を、電気釜で約900度で焼き上げます。火入れから取り出しまで約24時間かかります。

After dried well ,it is fired at a temperature of 900 with a electric kiln and it takes 24hours.

⑤彩色 Coloring

焼成した生地に日本画の絵具の水干絵具(胡粉など)で彩色します。

Unglazed doll is painted with Japanese traditional paint.

⑥金箔貼り Gold leaf pasting

作品によって金箔を丁寧に貼っていきます。本金箔・本金粉を使用しています。

I use real gold leaf and real gold powder.

⑦完成 Complete

フォローお願いします!follow me!